英語を学ぶ場所

近年日本での海外思考の高まりから、学生期間に語学留学や、社会人になって仕事を辞めて留学する人も少なくありません。
中でも、アメリカやオーストラリアの公用語を英語とする国に語学留学に行くのではなく、セブ島やマニラといったフィリピンで留学をする人が増加しています。
フィリピンは日本に比べると物価が安く、ペソという通貨を利用します。基本的に1ペソが日本円で2円程度とかなり物価は低い国といえます。
また、気候が年間平均30度と、1年を通して暖かい国であり、1年中夏服で生活することが可能です。
公用語としてはタガログ語という言葉が用いられており、セブ島ではセブアノ語という言葉が使用されています。
宗教は大半がカトリック教徒で、時差においては日本より1時間遅い国です。

フィリピンでの語学留学が流行っている最大の理由といわれているのがコストパフォーマンスです。
留学斡旋会社などのホームページでみられる留学費用は大体1ヶ月で約10万前後と非常に低コストで日常生活を送ることが可能です。
生活するのが1人部屋で基本的にこのくらいの値段になるので、2人や3人部屋になるともっとコストを抑えることが可能になります。
この金額は学校に掛かる費用に加えて飲み代などの交際費も含むので非常に安いといえます。

基本的にフィリピンで日本から語学留学を行なう人が学びたいものは英語がほとんどです。
アメリカやイギリスなどの英語圏に行くよりもコストがかからないという理由でフィリピンに行きますが、気になるのが、公用語に英語を使用していない国で英語が上達するのかという点です。
これに関しては、日本で英語が上達するのかといっているのと同じで、しっかりと学ぶ意思さえあれば、他文化に触れながらも英語を学ぶことが可能です。
基本的現地の語学学校ではマンツーマンで指導する場所も少なくありません。
留学斡旋会社で、自分の目的や予算や期間に合わせて自分の語学力に合った学校やコースを一緒に考えてくれます。
英語を集中して学びたい人はマンツーマンレッスンがおすすめで、特にマンツーマンだと自分で英語を喋る機会が多く、上達も早くなります。
英語圏での語学学校に比べると、参加者も少ないので学校が1人1人に集中して英語を教えることができるといえます。

オススメリンク

注目の記事

    注目の記事

  • 様々なコースがある

    フィリピンへの語学留学にはその人に応じて様々なコースが用意されています。語学留学斡旋会社と相談して、期間や内容を選ぶことも可能ですし、ハードなスケジュールを組む学校で学ぶコースもあります。

    READ MORE
  • 特に人気の地域

    語学留学先としてフィリピンの中でも特に人気の地域にセブ島やマニラといった地域があります。それらの人気地域の情報に加えて、人気地域での語学留学をするメリットを中心に紹介します。

    READ MORE
  • どのくらいの期間

    実際にフィリピンに語学留学しに行くにはどのくらいの期間行けばいいのかは人それぞれです。長期で行って現地での生活も楽しむ人もいれば、短期間で一気に上達させる人もいます。基本的なプランの期間をいくつか紹介します。

    READ MORE